初詣のおみくじ | 仕事や恋愛で詰まったときは占いで運勢を見てもらおう

仕事や恋愛で詰まったときは占いで運勢を見てもらおう

初詣のおみくじ

最初に占う

大晦日を終えて新年を迎えると、神社やお寺には新しい年の抱負や願いごとを伝えようと参拝客がたくさん訪れます。家族連れやカップル、学生の集団など様々な人が訪れるので大混雑する可能性があります。
訪れた人は本殿に参拝するために並んでいますが、参拝が終わると本殿の横に設置されているお守りの授与所に移動します。交通安全のお守りや縁結びのお守り、自営業を行っている人のために商売繁盛の縁起物が取り扱われています。
お守りのほかに有名なものが「おみくじ」です。1枚の紙が小さく折りたたまれており、同じサイズの紙が箱に大量に準備されています。数百円でおみくじを引くことができるので、参拝客のほとんどが挑戦していきます。
おみくじは当たる占いとして多くの人に信じられています。運勢が大吉から凶まであるのが一般的なので、そのなかから自分が引いたおみくじに記入されている運勢を記憶しておきます。
運勢以外に、恋愛運や仕事運、転居についてなどのアドバイスが記入されています。知りたいことが記載されているので、当たる占いを変更させないためにも開運のために1年間動くことを決意する人が多いです。
おみくじによいことが書いてあれば、そのまま持ち帰る人がいます。いつでも読み返せるように財布の中に入れたり、カバンに入れたりしながら1年を過ごします。当たる占いとなるよう、時たま読み返すことが大切です。
反対に、悪いことが書いてあると感じた場合は、厄祓いとして神社やお寺の所定の場所におみくじを結んで帰る人も存在します。当たる占いを阻止するために、厄落としとしての効果があると信じられています。
持ち歩く方がよいと言われているので、当たる占いとして信じながら大切に保管しておくのがおすすめです。

Copyright (c) 2015 仕事や恋愛で詰まったときは占いで運勢を見てもらおう all reserved.